保険はFPに聞くのが一番!安心で最高の自転車保険を提案してくれます。

[PR]

ファイナンシャルプランナーを東京で利用
相談までの流れを事前に調べよう 自転車保険なら万が一に備える
手続きが簡単に行なえる

自転車保険の申込の基本!

二人の男性

自転車保険の相談申し込み方法

自転車保険の申し込み方法には、大きく分けて2種類です。電話で資料請求かインターネット上で申し込みです。まず電話で資料請求の場合を説明します。各保険会社でも加入方法は変わりますが、一般的には電話をして、自転車保険の資料を請求します。その資料には補償内容と重要事項説明書、契約概要、申込書などが同封されています。申込書を記入したら、返信用封筒に入れて保険会社に返信します。それで審査が通れば補償開始になります。インターネットでも申込み方法は、ネット上で申込作成をして個人のデータを会社に送って、審査。それで申込は完了となります。補償内容で細かな質問があるなら電話で資料請求、補償内容も理解して、ネット環境が整っているならインターネット申込が良いですよ。

良い保険を探す方法は?

保険は目に見えない物なので、補償内容を確認しても中々イメージが沸かないものです。そのため、その中から評判の良い保険を選ぶのは大変でしょう。特に東京や大阪のような大都市では、様々な保険のポスターは目に入り、ますます悩むと思います。そんな時に保険の窓口相談のような保険内容の相談・比較をしてくれる場所を利用するのが一番効率が良いでしょう。保険の窓口相談をしてくれる会社には、必ずファイナンシャルプランナーがいます。保険のプロフェッショナルなので、自転車保険のみならず、生命保険や医療保険、年金保険など様々な保険に精通しているため、安心して相談してみると良いですよ。

傷害保険の定義ってご存じ?

傷害保険にはある3つの定義があります。それは「急激」「偶然」「外来」です。その3つが満たしているなら保険金のお支払の対象になります。急激とは突発的に発生することを意味します。偶然は予測不可能な出来事を言います。外来とはケガの原因が自分自身から起きたものではなく、自身が原因となって起こったケガではないことを言います。例えば、自転車運転していたら、急に電柱が倒れてきて、とっさにハンドル切っても間に合わずケガを負った場合は保険金支払いの対象になる可能性が高いと言われます。

【保険に入っててよかった】保険加入者の声。

旦那が亡くなってから気づいた。

定年前に旦那が亡くなりました。帰宅途中に脳梗塞になり、そのまま帰らぬ人に。亡くなってすぐに旦那の友人から電話がありました。その友人は保険の営業マンで結婚前に生命保険に加入してくれたみたいです。結婚してから、プランを夫婦で検討しようかという友人の提案に旦那は「生命保険は万が一のためだからこのままで、妻には内緒にしておきたい」ということで別の医療保険に入ったようです。友人からの電話で明かされたこの事実にとても感動してしまいました。それから保険請求をして、旦那が残してくれたお金で悠々自適に暮らせています。今は娘のためにも旦那から貰った保険金で補償を手厚くしようと考えています。

自転車保険で守られた!

息子はとてもやんちゃで、自転車通学しているのですが車やバイクと競い合うことをしているため、毎日がヒヤヒヤでした。ある日、息子の友人が自転車で事故を起こして、足を骨折。友人は自転車保険に入っていたため、友人の両親はお金の心配がなくてよかったと言っていました。たしかに、息子が事故で入院したら、お金や息子の体調の両方が心配になり、気疲れしてしまうだろうなぁ。そんな風に思ったので、先日息子と一緒に駅前の保険比較会社に行きました。そこで、もし入院した場合、加害者になった場合の話をしてもらうと、息子の顔が青ざめていきました。そして加入することにしましたが、転ばぬ先の杖ということで自転車に乗る人が息子以外に、娘と旦那がいるので家族プランで申込みをしました。それからというものの、息子の運転は、すごく安全運転になったので、保険で守られ、息子の危機管理能力までも上げてくれた保険に感謝です。まぁ、保険は使わないほうが良いですけどね。

信頼のあるFPに相談した結果!

成人してすぐにできちゃった結婚しました。一家の主になるということだから、保険に入ろうと思って、家族で保険会社で説明を受けに行きました。保険のことは、右も左もわからないので不安でしたが、担当してくれたファイナンシャルプランナーが保険のことを0から100まで、親身になって教えてくれて良かったです。それに保険のイメージは「早く申込してください!」という営業マンの強い押しがあると思っていましたが、それもなく「保険をやめない限り、ずっとアナタをお守りするのが保険です。それに保険は家を購入するくらいの大きな買い物になります。だから焦らずゆっくり検討しましょう」と言われたので安心できました。結果的には担当のファイナンシャルプランナーが選んでくれた保険に加入しました。収入面で落ち着いたら、この担当者に年金保険について相談する予定です。

保険はいつ何時、必要なもの

ことわざに「転ばぬ先の杖」がありますが、まさに保険のことを指してるを思ってしまうくらいピッタリなことわざです。病気にならないために運動や食事に気を使っている、ケガしないように気をつけているなんてことを言っている方、たった一度の人生だから保険は要らないなんてこと周りに言っている方。貴方が良くても周りはどうするのですか?万が一病気を患って仕事ができなくなったら誰が病院代を払うのか。もし保険が要らないと言っている方は亡くなったあと、葬式費用、これからの生活費はどうするのか。保険は目に見えないからこそ、影で支えてくれるのです。家族のため、周りのためにもまだ無保険の方は検討してみませんか?

[PR]

広告募集中