自転車保険の基本知識|【保険についてはFPに相談】気になる自転車保険について

自転車保険は現代社会に必要な保険の1つですよ!

自転車保険の基本知識

老人

自転車保険とは?

自転車保険とは自転車に乗っている時に起きた事故を補償する保険になります。様々な保険会社で販売されている自転車保険の補償内容ですが、入院や通院補償、賠償責任保険。万が一、事故が原因で死亡した場合の死亡保険、また事故で後遺傷害が残った場合の後遺障害保険などが補償のメインとなります。会社によっては、個人プランや家族プランなどあり、保険料も月額200円台からあります。気になる方は、ネットや保険会社のフリーダイヤルに電話してご確認下さい。

どういった方に必要なのか。

自転車保険の必要性は、全国どこでもあります。また高齢者や毎日自転車を使う方、子供にも必要と言える保険です。では、なぜ必要なのか説明しましょう。子供、学生、大人、高齢者で分けてます。まずは子供。子供は、自転車に乗れるようになったら、友達の家やおつかいなど自転車で行きたがるケースが多いです。まだ危機管理能力に掛けている子供は、路地から車や人が出てくるかもしれないという「かもしれない運転」ができません。そうして事故の被害者や加害者になる恐れがあるのです。続いて学生ですが、自転車通学OKの学校に通っているなら絶対に必要な保険です。友人と自転車で並走して帰宅したり、坂道を猛スピードで下ったりと注意散漫や危険行為をして事故を起こす側になる可能性も高いのです。その逆も言えます。大人に関しても学生と同じ様に、通勤などで急いでしまい事故に遭うケースは跡を絶ちません。高齢者に関しては、運動のためにと自転車を利用しますが、運動機能が低下しているため、転倒の心配や判断力が若い時より乏しくなります。保険の必要性はどの年代にもあります。またどの年代にも注意すべき点は多くあるため、身近な乗り物である、自転車だからこそ保険が必要なのです。

広告募集中